一番つらいお掃除の一つ「お風呂」。
手に洗剤を触れないで、広幅の刷毛で掃除しました。

   
         
     

バスタブとドレンのフィルターとキャップです。
広幅刷毛の幅は7cmで通常のスポンジの短い方の長さと同じです。
毛の本数も22,500本と通常の刷毛の倍くらいの本数があり、しかも毛の太さが
0.07、010、0.15の3種類の優れた特徴を持った毛材をバランスよく配置していますから柔軟性と強度があります。
同時に汚れた洗浄液は毛細管現象で吸い上げますので周りに広げません。
また、角度も理想的な角度を守りながら毛に力が入りやすい長さにいたしました。

 
       
       
       

 

 
      バスタブ洗浄中  
       
       
             
     

ドレンフィルターとキャップ洗浄後

最初はクレンザーでキズがつくのではないかと心配しましたが、
見えないところで試したところ問題がなかったので、実行しました。
(必ず見えないところで試しから行ってください。)

お陰様でピカピカ。クレンザーで掃除は2週間に一回でいいかも、
普段はAUROオレンジクリーナーをうすめてやっています。